AutoHotKey を使った OneNote 2013 上下キーのキーアサイン

Technorati タグ: ,

 

私は PC98時代に培った「変則ダイアモンドカーソル」が体に染み付いてしまい、Ctrl+N でカーソルを下に、Ctrl+I で上、Ctrl+M で改行などなどが行えないとサクサクキー入力ができないので非常にストレスが溜まってしまいます。

最近は AutoHotKey でキーリマップを作成して、自分で好きなキーアサインを定義しています。

もちろん OneNote でも Ctrl+?? で操作しています。

しかし OneNote 2010/2013 を Windows8 上で起動すると、AutoHotKey でキー上下が効かないのです。何故か上下キーだけ。

 

例) OneNote 2010/2013 on Windows7 なら大丈夫

; Ctrl+キーのマップ

^n::Send {Down}

^i::Send {Up}

^j::Send {Left}

^k::Send {Right}

 

で、調べてみると SendPlay を使えなど海外掲示板にあったので試してみても何故かダメ。

いろいろやってみたら SendInput を使えばできましたので、メモのために書いておきます。

 

動いたコマンド

^n::SendInput {blind}{Down}

^i::SendInput {blind}{Up}

 

OneNote だけで有効にしたい場合はこちらのようにする。

; OneNote

#IfWinActive, ahk_class Framework::CFrame

^n::SendInput {blind}{Down}

^i::SendInput {blind}{Up}

#IfWinActive

0 件のコメント :

コメントを投稿

PR