2012年8月19日日曜日

 

自宅のインターネット環境はよんどころない事情で、ADSL のままである。

2年前に住んでいた時は光回線だったのだが、引越とともに ADSL に成ってしまったのである。もちろん住んでいる地域には光回線は来ているが、物件の所有者が光回線の営業電話に嫌気がさしてしまい(恐らく) 光回線の工事はされぬままで来ている。

 

ADSL でも下り 10Mbps 以上のスピードは出ているので問題ないが、時代はクラウドである。

下りだけではなく上りのスピードが必要とされる時代である。

日々増え続ける子供の写真を SkyDrive にあげるのに時間が掛かってしまっている。

上りのスピードは確保したい。

 

では無線インターネットでは如何か?と思い早速スピードテストをしてみた。

 

ADSL

まずは ADSL のスピードを計測。

下り 1.58MB、上り 102.26KB という光からしたらお話にならない遅さ。普段使っている限りでは下りは数値ほど遅くは感じないが、上りはさすがに遅い。

clip_image001

clip_image002

FOMA HIGH-SPEED

IIJmio LTE の SIM が手元のスマフォに入れてあるので、テザリングでスピードを計測。

下り 294.77KB、上り 43.17KB という遅さ。

スマフォで使ってる分には遅いと感じないけれど、びっくりした数値。

clip_image003

clip_image004

Xi

Amazon と bMobile が手を組んだ b-mobile4G (LTE) の SIM と、L-03D (USBタイプのLTEデータ通信ドングル) が手元にあるので、早速テスト。

ちゃんと LTE のサービス範囲です。

下り 368KB、上り 125.97KB。HIGH-SPEED よりも上りが3倍速くなった!

clip_image005

clip_image006

clip_image007

UQ Wimax

手持ちの ThinkPad X220 に WiMAX が搭載されているので 1day 契約すれば直ぐにつながりますが、WiMAX 実測スピードマップ という便利なページを見ると自宅周辺は ~ 10Mbps とのこと。

ADSL よりも遅いですね。というわけで UQ WiMAX のスピードテストは省略。

※ 契約しなくてもつながる UQ WiMAX ポータルにスピードテストを仕込んでおいてくれれば、良いのに。

clip_image008

結論

今のところ ADSL が一番高速なようです。上りで Xi が ADSL を上回るスピードが出ましたが、下りはその数分の一。乗り換えるほどのメリットはなさそうです。

当分は上り遅いまま我慢するかぁ。

 

 

上り

下り

ADSL

818.14K

12.67M

HSDPA

345.42K

2.36M

Xi

1M

2.95M

0 コメント:

コメントを投稿