2013年2月17日日曜日

 

Amazon Glacier がリリースされたとき「1GB = 月1円!」という感じでニュースサイトに出ていたので、私もそう思っていましたが、実際に「1GB = 月1円」なのは保管料金だけで実際には転送料金やリクエスト料金が別途かかります。転送料金などは 1GB = 月1円ではありませんので注意が必要です。

 

詳しくは、

Amazon Glacier 料金表
Glacier の FAQ の料金について
勘違いしないようにしたい、Amazon Glacierのデメリットあれこれ
ややこしすぎるAmazon Glacierのデータダウンロード料金まとめ

のあたりを見ると書かれていますが、私も説明を試みます。

 

こんなページは初心者の方は見に来ないと思いますが、何故か初心者の方でも分かるように書いてしまいました。

※以下の説明で間違っている箇所があるかもしれませんので、その場合はお許しを。Amazon 公式の方も参照して下さい。

 

Amazon Glacier は貸倉庫に荷物を預けるイメージで考えるとわかりやすいです。

貸倉庫に荷物を預ける場合、

  1. 貸倉庫の預かり代金
  2. 預ける荷物個数に応じてかかる手数料
  3. 貸倉庫まで荷物を運ぶ宅急便の代金

がかかります。

Amazon Glacier も同じ料金体系で月額の値段がかかります。

 

■ ストレージ料金

こちらは Amazon のストレージに保管しておいてもらう料金 == 貸倉庫の預かり代金です。
月 $0.01/GBのすっきり料金。

 

■ リクエスト料金

ちょっとわかりにくいのがリクエスト料金。貸倉庫に1000ヶ荷物を頼むたびにかかる手数料、と考えればいいでしょう。

データをアップロードするファイルの数によって課金され 0.05$/1000リクエストなので、月に10000ヶのファイルを転送すると $0.5 = 50円程度になります。

※実際にファイルをアップロードする場合、1ファイルの上限が 5GB までと制限されています。この場合、分割してアップロードすることになります。10GB のファイルであれば 2分割でアップロードするので、1ファイルでも2回のリクエストになります。上記はわかりやすく1ファイル == 1リクエストとしています。

 

■ データ転送料金

貸倉庫に荷物を送るための宅急便代金のようなものです。

この貸倉庫に荷物を送る(アップロード)するのは無料ですが、貸倉庫から荷物を出してもらう(ダウンロードする)場合に料金がかかります。

 

で、この料金はその月にダウンロードした

  1. 何個の荷物(合計何GB)を
  2. いつまでにどの位の量を(お急ぎ?それともゆっくり?)

で料金が変わってきます。

 

まず 1番の「何個の荷物を取り出してきたか」という料金の方は、Amazon からダウンロードするのは 最初の1GB/月までは無料で、1GBを超えて 10TB/月までは $0.12/GB です。月に 100GB 転送すると $0.12*100= $12.0 かかります。

 

次に 2番の「いつまでにどの位の量を」の方は、計算が少し面倒です。

 

■ 無料の範囲

貸倉庫屋 Amazon では、荷物取り出し依頼があるとあなたの担当社員が倉庫から必要な荷物を持ってきてくれます。1回頼むとだいたい4時間後に荷物が出てきます。

無料サービスとして、その月の使用容量の 5% 分の日割り分を無料でサービスしてくれます。つまり100GB 保存してあったら 5GB を 30日で割った 166.7MB を1日あたり無料で持ってきてくれるのです。
(月 5% と書かれているので1回で 5GB を取り出しても無料という感じがしますが実際は違い、月 5% を30日で割ったもの == 1日あたりの上限となります)

 

これが Glacier の無料範囲になります。

たとえば 150MB の zip ファイルを取り出した場合、一日に一つの取り出しなら料金はかかりませんが、一日に2回取り出しすると 1日の転送が 300MB になってしまい、無料範囲を超える部分に料金がかかるようになります。

 

■ 有料の範囲

一日 166.7MB 程度じゃ遅い。もっと速くよこせ!という場合は、担当社員以外に応援社員を呼ぶ必要があります。

担当さんは一日 166.7MB 以内であれば無料ですが、それ以上になると一人で荷物を持ちきれないので応援社員(有料)が自動的に呼ばれます。

例えば一日に 1GB の取り出しを1回依頼を出した場合、荷物が出てくるのに4時間かかります。

ということは、1GB / 4時間 = 1時間あたり 250MB を持ってくる必要があります。

で、この1時間あたり 250MB は、担当社員(無料) と応援社員(有料) が分担して持ってきてくれます。

 

分担表

無料社員の分

166.7MB / 4h = 41.675 MB/h

有料社員の分

250MB - 41.675MB = 208.325MB/h

 

無料社員は 166.7MB の持ち分を4時間で消化してしまうので、一時間あたり 41.675MB 使います。

で残りの転送量 250MB/h - 41.675MB/h = 208.325MB/h を有料社員が担当します。

 

そこで有料社員の料金です。彼は 208.325MB を 4時間かけて持ってきてくれました。応援社員は 1GB あたり $0.01 で動いてくれますので、

0.2083 GB * $0.01 * 4時間 = $0.0083

としたい所ですが、そうは問屋が卸しません。有料社員は1回頼むと1ヶ月分の時給を払わなければなりません。実際には、

0.2083GB * $0.01 * 720時間(1ヶ月) = $1.4998

で、支払額は $1.5 になります。

 

その代わり応援社員は 208.325MB/h の転送であれば1ヶ月間上記金額で定額で働いてくれます。無料社員の分と合わせて、毎日 1GB を 30日間続けて合計 30GB を取り出しても定額 $1.5 です。

 

■ 一気に取り出す?ゆっくり取り出す?

100GB 保存してあるときにどの程度の時間で取り出すと、いくらかかるか表にしました。

 

取り出す容量

時間

取り出し容量GB
(1時間あたり
)

価格

100G

4

25

$179.7

 

8

12.5

$89.85

 

24

4.1667

$29.95

50G

4

12.5

$89.85

 

8

6.25

$44.92

 

24

2.0833

$14.97

10G

4

0.25

$17.7

 

8

1.25

$8.85

 

24

0.4167

$2.95

※「100GB で 4時間」とは、4時間の間に全部のファイルを取り出すという意味です。
「100GB で 8時間」だと、最初に 50GB 分取り出した後(だいたい4時間後に)、さらに 50GB を取り出した意味になります。

 

グラフにするとこんな感じ。

clip_image001

つまり

100GB 保存してあるものを直ぐにもってこい!(4時間後)  → $180
とりあえず半分ずつもってこい!→半額の $90
さらに時間を倍に延ばすと半額になる

というイメージですね。

 

つづく。

0 コメント:

コメントを投稿