Windows Live / Windows Phone / Outlook で 2013 年以降の「日本の休日」カレンダーを表示する。

 

Windows Live でアカウントを作成すると予定表に「日本の休日」カレンダーが追加されます。これを追加しておくと「建国記念の日」などがカレンダー上に自動的に登録されるので、とても便利です。

しかし致命的な問題が発生。

なんと 2013年以降の「日本の休日」カレンダーが何故か更新されないという現象が発生しており、改善時期は未定とのことです。休日カレンダーが登録されていても2012年12/24 日以降の休日はいつになったらカレンダーに追加されるのか定かではないようです。

 

笑いましょう。

 

マイクロソフト コミュニティフォーラム
カレンダーで2012年の「日本の休日」は表示されているが、2013年は表示されない。

 

ではあきらめましょう。解散・・・という訳にはいかないので、マイクロソフトがだめなら Google に頼っちゃえ、ということで Google が配布している「日本の休日」カレンダーを登録してしまいます。

これは Google のカレンダーを受信するというだけになるので、Google アカウントがなくても OK で Google にログインする必要もありません。

 

日本の休日カレンダーを削除する

まず現在登録されている「日本の休日」カレンダーを削除します。

Windows Live 予定表右上の「オプション」をクリックして、表示されたページの下の方から「日本の休日」を見つけてクリックします。

clip_image001

このページが開いたら「カレンダーの削除」を選択して削除してしまいます。

clip_image002

これで「日本の休日」カレンダーが削除されました。

次は休日カレンダーを登録します。

 

カレンダーの登録

次に Google のカレンダーを受信登録します。

Windows Live カレンダーの上側から「受信登録」をクリックします。

clip_image003

以下の画面の、URL に

www.google.com/calendar/ical/ja.japanese%23holiday%40group.v.calendar.google.com/public/basic.ics

を入力し、カレンダー名は適当に「日本の休日」として「受信登録」ボタンを押します。

clip_image004

これで完了。

clip_image005

はい、ちゃんと 2013/02/11 建国記念の日が登録されました。

clip_image006

結論

つまりは公開されている ICS 形式のカレンダーならなんでも登録できるので、デフォルトのカレンダーがだめなら他のサービスをマッシュアップしてしまいましょう。

今回のカレンダー登録なら、Outlook や Windows Phone のカレンダーにも「日本の休日」が表示されるようになります。

0 件のコメント :

コメントを投稿

PR