Amazon S3 のアップロード速度比較(AWS Management Console vs S3 クライアント)

本格的に Amazon S3 + Glacier へのバックアップをしたいところですが、テスト的にバックアップをしてみたところ、アップロード速度が遅いので色々調べています。

まず結論からですが、

  1. ブラウザで AWS Management Console でアップロードすると 2MB/s 程度でオレゴンにアップロードできた
  2. DragonDisk (S3 クライアント) だとほぼ同じ時間に同じファイル、同じバケットにアップロードしても 55KB/s 程度のアップロード。
  3. CyberDuck を使用すると 1.2MB/s のアップロードが出来た。

というわけで何故かブラウザでアップするのと、S3 クライアントでアップするのでは最大40倍、また S3 クライアントでも差がついてしまっています。

まずこちらがブラウザで AWS コンソールからのアップ。なかなか速くて快適です。

clip_image001

次にこちらが DragonDisk によるアップ。

10年以上前を思い出すような速度です。

clip_image002

CyberDuck によるアップ。

これならなかなか良いスピード。

clip_image003

CyberDuck はバケットの取得・表示もきびきびとして速いですし、アップロードも同期もサポートしているので、これで決まりですね。

Hatena タグ:

0 件のコメント :

コメントを投稿

PR