「かんたん PDF ダイエット」バージョンアップ ~ISBN から書籍情報自動取得~

先ほど新しいバージョンをリリースしました。

 

今回は、書籍に含まれている ISBN を自動解析して書籍名、著者名等を自動設定するようにしました。

入力データ(PDF等) のラスト3ページに ISBN バーコードが含まれている場合、国会図書館 API を使用して書籍名等を取得し、PDF や ePub、Mobi に付加して出力します。(入力データに既に含まれている場合はそれを優先)。

 

後は、ScanSnap で作成した PDF を読み込む場合に、画像が回転してしまっているのを直しました。ScanSnap が PDF に設定する回転属性が、

  1. 画像の回転角度
  2. 画像描画時のアフィン変換行列

と2つ別々に設定されるようでして、今まではどちらかを有効にしかしていませんでしたが、今回は両方に対応しました。

 

まだ不具合が残っている場合や他にも不具合見つけた!という場合は、この問い合わせフォームからご連絡をお願いします。
また変換画面と設定画面に「要望」ボタンを設置しましたので、何か要望や不具合などありましたら、お気軽にお寄せ下さい!

 

更新履歴

  • 入力データ最後の3ページに ISBN バーコードが入っている場合、国会図書館API を使用して書籍タイトル・著者名などを自動取得するようにしました。
  • 解析データを保存することが出来るようになりました。
    ファイルを変換する時に一度すべてのページを解析後1ページ毎に余白削除等変換しています。「詳細設定」で「解析情報出力オン」にしておくと、解析終了後入力ファイルと同じファイル名.xml が出力され、次に同じ本を変換するときに XML ファイルを自動で読込み解析をスキップします。何度も同じ本を変換する場合は、再度解析を行わない分速く終了します。
  • PDF 読込み時に画像が回転している場合があるのを修正しました。

 

「かんたん PDF ダイエット」
http://smart-pda.net/software/PDFDietEasy/

0 件のコメント :

コメントを投稿

PR