2014年3月10日月曜日

新しい ThinkPad X1 Carbon (以下、X1C2) の初期状態で行った作業のメモです。

Win8 から省電力マネージャを無理矢理インストールしていましたが、X1C2 ではちゃんと動作しませんでした。

 

リカバリディスクの作成

回復ドライブと呼ばれているリカバリディスクを作成します。8GB 以上のUSBメモリを事前に用意しておきます。

作成が完了したら USB Image Tool を使ってイメージファイルの形でとっておけば、リカバリするときになったら USB ドライブにイメージを戻すことが出来ますので、リカバリ用にUSB ドライブをとっておく無駄がありません。

リカバリディスクの作成は、

  • コントロールパネル→回復→回復ドライブの作成

  • Win+Q→recovery で検索→回復ドライブの作成

で起動して、

「回復パーティションをPCから回復ドライブにコピーします」にチェック。

このチェックを入れないとただのレスキューディスクになってしまいます。

clip_image001

あとは 8GB USB ドライブを挿入して回復ドライブを作成します。

回復ドライブからの起動方法、

  1. 回復ドライブを作成したUSBドライブを挿入する
  2. 電源を入れて、BIOS起動時にEnterキーを押せという英語のメッセージが表示されている時にEnterキーを押す
  3. 次に表示されるメニューからF12を押してブートデバイスを選択する
  4. 起動が完了するまで待つ。USB 2.0のメモリを使っていると起動は遅いですね~。
  5. 回復は10分程度で完了。

細かいことは以下を参照してください。

(Lenovo公式) USB回復ドライブを作成し、それを使用してWindows 8.1を復元する方法
http://support.lenovo.com/ja_JP/research/hints-or-tips/detail.page?DocID=HT080887

 

アップデート

ThinkPad には Lenovo 製ツールがいくつかインストールされてスタートメニューからは別々のプログラムとして起動できますが、タスクバーに登録されているLenovo PC Experienceを起動するとメニューからそれぞれのアプリを起動できて、それなりに便利です。

clip_image002

Lenovo PC Experience左上のLenovo ToolsのアップデートとドライバーをクリックするとLenovo System Updateが起動します。

2014/03/07現在ではBIOSのアップデートなど重要な更新・オプションの更新が合計9ヶ行えますので、アップデートしておきましょう。ちなみにIntel WLANドライバのインストールにやたら時間がかかっていましたが、放っておけば正常にインストール完了します。

clip_image003

 

Windows Update

ついでに色々と更新します。

 

不必要ソフトのアンインストール

日本メーカと違って余計なアプリはプリインストールされていませんが、いくつかインストールされているのでアンインストールしました。

コントロールパネルの「プログラムと機能」からソフトをアンインストールします。

  • Absolute Reminder
  • Norton Internet Security

タスクバーの i-Filter インストールショートカットを消す。

スタートメニューからストアアプリをアンインストールします。

  • Norton Studio

指紋の登録

Lenovo Finger Print Manager Pro を起動し、指紋を登録。

登録すると指紋リーダに指を通すだけでログイン可能になります。面倒くさがらずに全部の指を登録しておきましょう。

clip_image004

 

省電力マネージャのインストールは出来ませんでした

バッテリの寿命を延ばすため「90%充電されたら充電を停止する」という設定をするなどのアプリが「Lenovo 省電力マネージャ」。

ですが、Windows 8 になってから省電力マネージャが提供されていません。代わりにLenovo SettingsというWindowsストアアプリでバッテリ周りの設定はあるものの、充電停止の設定やバッテリの情報(充放電回数など) を見ることはできません。

結論からいうと Windows 8.1 環境に省電力マネージャをインストールすることは出来ますが、充電停止設定などは X1C においては出来ませんでした。

インストールすると正常に起動しバッテリーステータスなど見ることが出来ますが、「アドバンスへ」をクリックした途端アプリが反応しなくなります。

アドバンス表示に切り替えるとCPU使用率100%になってしまい、タスクマネージャで停止して再起動させてもCPU100%のまま。サイクルカウントを見るためにしか使えなくなった省電力マネージャです。

clip_image005

こうなるとLenovo Settingでも電源状態が見えなくなってしまいました。

最終的にはリカバリディスクから再インストールして復旧。

clip_image006

一応インストールの仕方

省電力マネージャー (Windows 7 32bit, 64bit/ Vista 32bit, 64bit) - ThinkPad
http://support.lenovo.com/ja_JP/detail.page?LegacyDocID=migr-70601

  1. gtw402wj.exeを起動すると、インストールに必要なファイルが展開されます。
  2. c:\swtools\readyapps\pwrmgrv に展開されたSetup.exeを見つけます。
  3. Setup.exeのプロパティを開き、互換性のタブから「Windows7」モードで起動するように設定します。
  4. あとはsetup.exeを起動して省電力マネージャをインストールします。
  5. 再起動するとタスクバーに省電力マネージャが表示されます。

デバイスマネージャの一覧

最後にデバイスマネージャの一覧。

  • Core i5 4200U
  • SSD 256GB
  • NFC付き
  • 802.11ac + Bluetooth 4.0

に構成を変更したものです。

clip_image007

clip_image008

image

clip_image010

clip_image011

0 コメント:

コメントを投稿