2016年9月7日水曜日

clip_image001

2014年4月にKickstarterで予約開始してから、約2年。

出資していたことをすっかり忘れていましたが、FINsix Dartが突然前触れもなく到着しました。

私が頼んでいたのがGlobal Dartなので本来ならMar 2015に到着予定でしたので、約1年遅れ。

すっかり忘れていたので気にはなりませんでしたが、無事出荷することが出来たようで喜ばしいです。

 

開封

「寝ている間に中華タブでも注文したっけ?」と勘違いするくらい、簡素な包装。Fedexで到着。

clip_image002

 

明けてみると近年はやりのスマホ箱サイズが入っています。
clip_image003

 

最近のスタンダードな梱包ですね。

clip_image004

 

開けてみると、

  • Dart本体
  • 電源ケーブル
  • DCプラグ
  • 持ち運び用袋
  • 取扱説明書
  • メッセージカード

が入っていました。

DCプラグはよくあるポリエチレンの袋にはいっており、かなり安っぽい。

clip_image005

 

DCプラグ9種類と、各ノートPCメーカの対応表。

これを見て使いたいノートPCにあったプラグを選びます。

clip_image006

 

外観

こちらが本体と電源ケーブル、DCプラグを付けたところ。

電源ケーブルは1.8mあるので、かなり長いですね。

clip_image007

 

全部合わせて手のひらサイズ。

clip_image008

 

本体は指でつまめるほど小さく軽い82g。

clip_image001[1]

 

右が、大きさ比較用のMatebook USB-PD電源アダプタ。こちらは良く販売しているUSB電源1ポートタイプと同じ大きさですので、Dartの小ささが分かります。

clip_image009

 

名刺とほぼ同じ大きさ。

clip_image010

 

Lenovo標準45w ACアダプターとの比較。小ささは一目瞭然。

clip_image011

 

ACプラグ部分に製品名が書かれています。

clip_image012

 

電源タップにつけても隣に干渉することはなさそうです。

image

 

重さ

ケーブル込みで150g。比較すると最軽量でした。

65w対応ACアダプタとしては最軽量。

 

名称

w

重量(g)

Dart

65

150

Macbook

29

157

 

45

188

 

60

234

Lenovo 標準ACアダプター

45

225

Lenovo トラベルACアダプター

65

195

 

本体は82g。

開発時の触れ込みが60gでしたから若干重くなりました。

clip_image014

DCプラグ付きケーブルが68g

clip_image015

全部合わせて150g。

clip_image016

 

接続

ではノートPCに接続して電源を供給してみます。

 

ThinkPad X1 Carbon(2014)

変換ピンは "D"。

平べったいタイプに付け替えて接続すると、問題なく充電が開始されました。

clip_image017

 

ThinkPad T430

こちらは変換ピンはA。丸ピンタイプですね。

こちらも問題なく充電開始。

clip_image018

 

Xperia Z3

USBコネクタ部分にUSB電流計を中継して、100均の充電ケーブル、Xperia Z3用マグネット充電ケーブル経由で充電。

5v1Aで充電は出来ています。

Xperia Z3はQuick Charge 2.0対応なので9vか12vで充電可能ですが、Dart側が対応していないので5v充電ですね(ですよね?)

clip_image019

 

雑感

軽くて小さくてかさばらず、プラグを変えるだけでほとんどすべてのノートPCに対応して、USB 2.1Aとしても使えるACアダプタ。

少しでも小さいACアダプタが欲しい方。移動の多い方。複数台のノートPCを使っている方。

これらの方は購入を検討すると良いと思います。

2016年中に丸文から日本国内で販売される予定ですが、量産歩留まりが悪いようでKickstarterのPreorder分の出荷も遅れているので、国内販売はいつになるかわかりませんが。

この出荷を待っていた2年間で給電方法はなんだかんだと進化を遂げましたね。

USBはQuick Charge 2.0/3.0が主流になりましたし、ノートPCやタブレットも新しいものはUSB-PDになっています。こういう環境の変化の中でDartはちょっと仕様が古いな、とも感じます。

極小ACアダプタの技術を用いて今後はUSB-PD製品などが出てくることを期待しています。

Next
This is the most recent post.
前の投稿

0 コメント:

コメントを投稿