部屋干しに強い洗剤を調べた

毎年6月の梅雨時から9月の台風シーズンの間、洗濯物がくさくなる「生乾き臭」。

生乾き臭が発生したら熱湯をかけて消臭してきました、があるとき、貰い物の洗剤に変えたところ熱湯をかける頻度が激増。週に2~3回は熱湯消臭が必要なようになりました。

毎日のように熱湯消臭は、手間だし危険。

というわけで、近所のドラッグストア スマイルで入手できる液体洗剤のうち「部屋干し対応」を謳っているものを順次購入し比較しました。

結果

いきなり結果から発表します。

clip_image001


アタックNeo 抗菌EX Wパワー 洗濯洗剤 濃縮液体 本体 400g

花王 アタック Neo 抗菌EX Wパワー 400g

  • 生乾き臭発生頻度低い
  • コストパフォーマンスがよい
  • ボトルがスリムでコンパクト

平日は1回・休日は2回ほど洗濯機を回してますが、400gのボトルで18日使えました。

その間の熱湯消臭は1回のみ。

P&Gとは違いボトルもスリムでラックに収まりやすい!

コスパも機能性もコンパクトさも一番!

詳細な結果

まず今回の実験では、以下の表の5製品を、

  • 購入した液体洗剤を
  • 使い切るまでの日数を記録し、
  • その間に熱湯消臭をした回数を記録

しました。

その結果、降水確率ならぬ発生確率がメーカによって大きく異なることが判明。

メーカ

品名

期間

使用
日数

熱湯
消臭
回数

発生
確率

Amazon価格

/()

ライオン

トップ

スーパーナノックス 450g

20170707

-

23

43%

286

 

P&G

アリエール
サイエンスプラス
1kg

20170708


20170722

14

1

7%

409

29.2

ライオン

HYGIA ハイジア 450g

20170723

20170815

23

7

30%

306

13.3

P&G

アリエール リビングドライ
イオンパワージェル
  1kg

20170816

20170911

26

2

8%

408

15.6

花王

アタック Neo 抗菌EX
W
パワー
400g

20170912

20170930

18

1

 

6%

286

15.8


ライオンは我が家と相性が悪い?

ライオン洗剤は発生確率が30~43%と週に2~3回熱湯消臭が必要でした。

スーパーナノックスは部屋干しを謳っていないので仕方ないかもしれませんが、プレミアム抗菌を謳っているハイジアの発生確率は意外でした。

生乾き臭の原因は様々あるようなので、スーパーナノックスやハイジアが対応している原因と我が家の原因が合わなかったのかもしれません。

P&Gはボトルが大きい、香りがきつい

P&Gのアリエール サイエンスプラスは、ボトルが大きいことと、匂いがきついことが気になりました。

リビングドライは匂いもせずコストパフォーマンスはよいのですが、ボトルが大きいことがマイナスポイント。

花王

なんだかんだと花王のアタック。

熱湯消臭の発生頻度も一番低くてコストパフォーマンスもよい。

これが一番ですね。

0 件のコメント :

コメントを投稿

PR